ipadとiphone

ipadの使い方について、いろいろな意見がネットにながれています。ipadに対する過剰な期待感にあふれたもの、既存の情報に基づいてもっともらしいコメント。
 ipadは、私にとってはリビングのWeb端末であり、電子書籍リーダーであり、モバイル端末のIphoneと、たとえば、evernoteなどでの情報がシームレスに扱えることがよい。出先でWebサービスで情報を蓄積していたことを、大きな画面で整理するという感じです。本来、PCでもそれははたせるのですが、PCは平日、通勤からかえって立ち上げるには、起動時間もかかり、さらにアプリケーションまでたどり着くにはさらに時間がかかる。さっと、目的のアプリを立ち上げる気力が続かないのです。モバイルで情報のインプットしたものを、大きな画面で整理しなおすという連携です。情報がデバイスとデバイスを連携させているという感じです。
 よく、ipadはでっかいiphoneともいわれている。やっきになって否定する方もいるが、ある側面、Yesです。でも、それは前向きな意味でYesです。どちらかですべてをカバーできない、補完する関係です。
 通勤電車などの移動中には、iphoneやポメラのような機動性がきわめて重要なのです。一方、リビングでは、簡単に情報を大づかみに俯瞰するために、ipadのような端末が必要です。

ツイートツイート