読書メモ」カテゴリーアーカイブ

読書からの学び 「ムダにならない勉強法」著者 樺沢 紫苑

『「続かないは、乗り越える 」〜「精神科医の10年継続勉強法」』からの学び

 今にコミットすること

続けるための「究極の奥義」は、続けるなんて考えないこと。なんとも逆説的ですが、とても腑に落ちました。

 ・とりあえず、今だけやる、全力でやる。

 ・目前の一瞬に集中する

  大相撲で全勝で9日目を全勝で終えた大関のインタビュー、「次も全力で取り組むだけです。」

とてもわかりやすい例えでした。

ジョギングで走る時に、一つ前の電柱を見ながら、走り続けるときのことを思い出しました。その感覚が近いですね。

 意気込みすぎす、ゆるい気持ちで取り組む。

  「ほぼ」日刊新聞というゆるい気持ちで取り組む。

この「ほぼ」というのが、キーワードです。続けねばならないのというのは辛くなりますね。三日坊主を続ければいいのさ!^_^

停滞はブレークスルーの手前で起きる。

努力の量と結果は「指数関数」の関係にある。

 ・ブレークスルーはある日突然起きる。

 ・こんなに頑張っているに、全然結果が出ないのは順調に成功している証である。

私はこれまで語学もダイエットも確かに指数関数の上昇を信じることができなかったです。再チャレンジしてみようとおもいました。

辛くなったら出口は近い。

  「指数関数的な成長」を意識すれば、「こんなに努力しているのに、全然結果がでない。」というのは、実は、「予定通りに成長している。」

大きな成功は、その壁の先にあるということを信じられるかどうかが、成功するかどうかの分かれ道なのでしょうね。

続けるということに対して、目から鱗の学びでした、この学びを生かしていきたいとおもいました。

Posted from SLPRO X for iPhone.

ツイートツイート

「ムダにならない勉強法」

読書からの学び

「ムダにならない勉強法」著者 樺沢 紫苑

読書からの学び

1勉強は、インプット3に対し、アウトプット7

2アウトプットとは、体を動かすこと。タイプより、手書きがよい。

学びの実践

1 気に入った言葉、響いた言葉を本の情報とアマゾンの本のリンクをつけてツイートしました。

2読書メモを、iPhoneで私が気に入っているアプリMandalArtを使って作成しました。

入力はキーボード入力ではなく、Siriを使って入力してみました。(声に出すことで。)iPadではapple pencilで書きまくろうと思います。

3 2でMandalArtで作成したものをopmlファイルとして出力。するとマインドマップにして表示できるので、論理構造を視覚的に理解できます。著者が本の中で触れている「概観」に通じるところがあると思います。

ムダにならない勉強法 樺沢 紫苑

Posted from SLPRO X for iPhone.

ツイートツイート

ゼロ 堀江貴文

これまでのマスコミの報道からの彼に対する色眼鏡無しで読もうと思いました。

心に残ったことば。

[お金を稼ぐ]
時間の対価ではなく、労働、価値の対価でお金をもらう=稼ぐ、ということ。

[時間に対する考え]
自分の時間を生きるのか、他人の時間を生かされるのか、常に意識していくことが、必要。

[信用とお金]
10の信用があれぼ、100のお金を得ることができる。100のお金があっても10の信用をあつめることはできない。

[ゼロにまずは足していく。]
マイナスはない。何もなくなったとしてもゼロ、それなら、また、ゼロに足して行けばいい。
具体的には今日やると決めたこと、目の前の事に全力を尽くす。きっと服役中も目の前の事に工夫して取り組んだことであろう。

[睡眠に対する考え方]
寝不足のぼんやりした頭で10時間働くより、集中力を極限まで高めて二時間働く。

[努力]
彼は努力という言葉を使いたがらないが、彼のやっていることは紛れもなく努力そのものである。ただ、没頭してやるので「努力しています」感がないのだろう。

Posted from するぷろ for iPhone.

ツイートツイート

今日の言葉

人間はイメージしたり、
考えられないことは絶対に実行できない。
現在と非連続な未来に立ち向かうとき、
見える化された数字を追うのではなく、
ストーリーや「筋」を読むことで
未来を見通すことが大切だ。
楠木 健 : 一橋大学大学院教授
著書:「ストーリーとしての競争戦略」

【感じたこと】
最初は荒削りでもいいから、言葉にする、絵にしてみることが大切ですね。夢とかビジョンは、非連続な未来の側面があるから、なおさらですね。

ツイートツイート

スタンフォードの自分を変える教室

読者メモ「スタンフォードの自分を変える教室」

◎やる力、やらない力を身につける。
それを支えるのは、望む力である。

◎脳の力を5分で最大限に引き出すために、瞑想をする。呼吸を遅らせれば、自制心を発揮できる。

◎根拠のあるストレス解消法を実行する。
・エクササイズ、スポーツ
・読書、音楽
・マッサージ
・瞑想やヨガ
・クリエイティブな趣味の時間
ドーパミンを放出するのではなく、脳のストレス反応をシャットダウンする。このような効果的なストレス解消法を忘れがちなのは、効果がないからではなく、ストレスのある脳は、どうすれば、気が晴れるかについて正しい判断ができないからである。

◎失敗した自分を許す。投げやりになって誘惑に負けたり、目標をあきらめたりしないこと。

◎10分、待つ。目先の快楽に負けてしまったら、後で手に入るはずの最高の報酬をあきらめることになると自分に言い聞かせる。

◎「将来の自分」を課題評価しない。
将来の自分は万能なスーパーマンではない。そうすれば、先送りしなくなる。

◎将来との自分とのつながりを強くする。そうすると、今、最高の自分になろうとする意欲が湧いてくる。将来の自分を想像する。

◎身の回りのどんなものが自分の行動に影響を与えているか、見きわめる。

[感想]
意志力、それを筋肉のように鍛える。精神論ではなく、しっかりした自己分析、人間の特性を見据えた手法は、とても注目すべきものが多い。

ツイートツイート

再読「ひとり会議」の教科書

最近、いろいろ、モヤモヤすることがあったので、初心に帰るではありませんが、以前にとてもためになった、「ひとり会議」の教科書を再読しました。

「ひとり会議」の基本は、積極的にテーマを持ち、自分に質問を投げかける場を作ることです。

「どうすれば、できる?」「どうすれば、期限内におわる?」「どうすれば、やる気が出る?」こういった質問者の発言を挟み込むことで、思考の流れが変わり、これまで思いもよかなかったアイデアが生まれる。

忘れかけていたことを、思い出し、今朝は久しぶりに「ひとり会議」をやって、心も頭も元気になったような気がしました。

Posted from するぷろ for iPhone.

ツイートツイート

「深くて長い呼吸」をする。

たった1分でできて、一生が変わる、
魔法の習慣
23「深くて長い呼吸」をする

脳を働かせるために、欠かせない要素は、酸素です。

一般的なヒトの肺の量は、男性で3000~4000cc、女性で2000~3000ccですが、無意識の呼吸で入れ替わるのは、たった500ccです。

血液中の酸素が不足すると、集中力がなくなり、記憶力が低下、物忘れがおおくなるそうです。

新緑の、さいたま新都心のけやき広場で、ゆっくり深呼吸をしました。昨日の空気をはきだし、今日の空気を取り入れるイメージで。
たいへん、落ち着きます。いい一日になりそうです。

Posted from するぷろ for iPhone.

ツイートツイート

引き寄せの法則

第10章 正しい心の折り目=習慣を作る。

潜在意識とは習慣化された心である。潜在意識に正しい刺激を与え、無意識化することが大切。

新しい習慣を定着させる時は、例外をゆるさないこと。たった一度くらいという誘惑を立つたびに、行動するたびに決意は強くなる。

心は、たたんだ紙に例えることができる。おり目通りに畳むことができる。折り目が習慣である。

[感想]
習慣を正しい心の折り目であるということ、潜在意識は習慣化された心という捉え方は、習慣と潜在意識との関係を明確にしたもので、とてもスッキリしました。

Posted from するぷろ for iPhone.

ツイートツイート

読書メモ 「 引き寄せの法則」

オーディオブックを買いました。

第2章 思考の波と連鎖のプロセス

心のKeynote:主音階をポジティブにする。人は自分の心のKeynoteを自分の意志の力でポジティブにすることができる。

肯定的なマインドを持つことで
1自分の人格や性格を変えることができる。
2同じポジティブな心の人の思考を活用することができる。

常にポジティブでいるということではない。通常はリラックスな気持ちでいて、ここという時に意志の力でポジティブになれればいい。

リラックス
受容力が高い。生徒。聞きて。
ポジティブ
思いを発信する。教師。話し手。

ポジティブ、リラックス、どちらも大事です。

Posted from するぷろ for iPhone.

ツイートツイート

読書メモ: 富を「引き寄せる」科学的法則

[信じるべき基本3原則]
1この世のすべての存在は、「思考する物質」から作られている。その思考する物質は宇宙の隅々まで充満されている。
2「思考する物質」=宇宙にある思考は、その思考がイメージしたものを作り出す。
3人間は様々なものをそれを「宇宙」へと発信して、自分が考えたものを形あるものとして生み出すことができる。

[思考の方法論]
1競争をやめて、創造的な思考を用いる。
2感謝の心を持つ。感謝で人の心と宇宙は一体化される。
3自分がなりたいもの、手にいれたいもの、つまり、ビジョンを正確に描く。

[取るべき行動]
自分が望むものがやってきた時にそれをうけとるために必要な行動は
1今の仕事に全力を作り、そこに収まらない自分を作る。
2思い描いたイメージを実現する豊かになるという決意を持ち続ける。
3その日にできることはすべて行う。
4一つ一つの行動を完全に成功させる。
5自分が受け取る代金よりも大きな使用価値をすべての人に与える。
6常に前向きな姿勢を持ち、必ずそれを自分と接する人に伝わるようにする。

[感想]
顕在意識が潜在意識へ働きかけ、それがさらに宇宙意識へとつながっていることに理解が深まりました。

Posted from するぷろ for iPhone.

ツイートツイート