カテゴリー
マイル修行

たび空 街の規模は空から観ればわかる

北を北京空港から飛び立った直後の機窓からの夜景。街の規模は、空から観ればわかります。しばらく窓の外を見てもしばらく街の光は続いていましたので、街の発展はよくわかりました。

カテゴリー
未分類

たび空  北京で観た中秋の名月2019

9月13日金曜日、ANAのマイル修行で、羽田空港から北京空港経由でシンガポールに行く途中の北京空港で、搭乗前に観た中秋の名月。今年は観れないと思っていたので観れてとても良かったです。しかも北京で。古の中国の詩人もこの地で中秋の名月を観たのだろうかと思いをはせると、なんとも特別な中秋の名月に見えて来るので不思議なものです。

カテゴリー
未分類

たび空  オーストラリア大陸上空に浮かぶ

中学生の頃、BCL(Broad Casting Listener)というものに夢中になり、ラジオオーストラリアの日本語放送を聴いていました。

1991年4月新婚旅行でオーストラリアのブリスベン、シドニー、メルボルンを旅しました。

時は流れて。

2019年11月、ANAダイヤモンド修行で、羽田→シドニー→シンガポール→シドニー→羽田というフライトをすることにしました。

シドニーからシンガポールに行く。これはオーストラリア大陸を横切って、赤道を越えて、シンガポールに到着するフライトです。予約の時から、とてもワクワク感がありました。機窓写真を撮りたいので、普段は通路側を予約するのに、今回は窓側を予約しました。

まずはシドニーから出発前のシドニー空港の機窓からの風景。飛行機が動き出す前の、なんとも言えない高揚感は、機窓から眺めていると、自ずと出てくるものです。

シドニー空港を離陸し始めます。

空からみたシドニー

Posted from SLPRO X for iPhone.

カテゴリー

PYLON LOOKOUTからのハーバーブリッジ、オペラハウスを眺め

ANAダイヤモンドマイル修行でシドニーに来ました。

シドニーは1991年に新婚旅行で訪れて以来、二度目です。

今回は日帰り滞在なので、シドニーの定番ともいえるオペラハウスが見えるハーバーブリッジを歩いてみました。

ハーバーブリッジは遠くから、下から見るのが当たり前だと思っていました。

歩いて渡るのはとても新鮮でした。

橋の中程にPYLON LOOKOUTという建物がありました。ロックスからの往路では、横でたくさんの人が写真を撮っていたので、私は橋からのただの撮影ポイントだと思ってました。

復路に通ったときに、中に入れそうなので入ってみました。「橋の保守設備で上には登れないだろう。」と。

でも、登っていえないとは書いていないので階段を登り始めました。上の方から人の声がしたので、登っていいのだろうと意を強くして更に上っていると、地味に「ここから先は展望台で有料」という表示があり、さらに登っていくと展望台に行くための受付があり、ここで料金を払いました。支払いはカードのみ、現金不可です。

受付の前には、狭いながらもオーストラリアの観光土産がありました。

さらに登っていくと屋上に出ました。360度移動できる展望台でした。

ハーバーブリッジを渡りながら見るより、とても上から見下ろした角度感じのオペラハウスを撮れました。

圧巻は、ハーバーブリッジを上から観れたことです。ハーバーはオペラハウスやサーキュラー側から観るより、特別なアングルから観れた満足感がありました。

移動して360度何も遮るものはなく眺められます。

展望台の下の階にはハーバーブリッジの歴史資料が展示されている部屋があります。ハーバーが完成した日のモノクロの大きな写真は市民、関係者の、ハーバーブリッジ完成の喜びがつたわってきました。

ハーバーブリッジは、192年に着工、1932年に

ロックス側から見ると、通り過ぎてしまいそうです。

PYLON LOOKOUT

入り口の表示は地味なので、見落としてしまいそうです。

Posted from SLPRO X for iPhone.