月別アーカイブ: 2017年1月

読書からの学び   脳を最適化すれば能力は2倍になる

セロトニンの活用

セロトニンは癒しの物質。平常心を保つ。

セロトニンを活性化する方法はたった3つ

 1日光を浴びる。

カーテンを開けて寝るといい目覚めができます。

 2リズム運動

リズム運動には以下のようなものがあります。

   ・ウォーキング

    15-30分の朝のウォーキングがよいです。

  ・ジョギング

  ・スクワット

  ・首回り運動

  ・水泳

  ・ゴルフのスイング

 3咀嚼

咀嚼(そしゃく)とは噛むことです。

  ・朝食

  ・ガム

朝食が取れないときは朝ガムもよいです。

セロトニン7つの仕事術

 ・外食ランチで午後のセロトニンを確保

セロトニンの活性化する3つの方法を組み合わせになりますね。

 ・歩きながら考える。

行き詰まったときは、この方法を活用したいですね。

 ・深呼吸

私の場合、Apple Watchの深呼吸アプリを活用、 Apple Watchの振動に同期して深呼吸をしようとおもいます。

 ・音読

実践には場所の確保が問題ですね。

  空いている会議室などで原稿や書類の音読などが良さそうです。

 ・簡単な運動

 ・気分転換を組み合わせる。

リズム運動を組み合わせてみようとおもいます。

 ・セロトニン活性化を習慣にする。

やはり、大切なのは習慣化ですかね。

脳を最適化すれば能力は2倍になる

Posted from SLPRO X for iPhone.

ツイートツイート

読書からの学び 「ムダにならない勉強法」著者 樺沢 紫苑

『「続かないは、乗り越える 」〜「精神科医の10年継続勉強法」』からの学び

 今にコミットすること

続けるための「究極の奥義」は、続けるなんて考えないこと。なんとも逆説的ですが、とても腑に落ちました。

 ・とりあえず、今だけやる、全力でやる。

 ・目前の一瞬に集中する

  大相撲で全勝で9日目を全勝で終えた大関のインタビュー、「次も全力で取り組むだけです。」

とてもわかりやすい例えでした。

ジョギングで走る時に、一つ前の電柱を見ながら、走り続けるときのことを思い出しました。その感覚が近いですね。

 意気込みすぎす、ゆるい気持ちで取り組む。

  「ほぼ」日刊新聞というゆるい気持ちで取り組む。

この「ほぼ」というのが、キーワードです。続けねばならないのというのは辛くなりますね。三日坊主を続ければいいのさ!^_^

停滞はブレークスルーの手前で起きる。

努力の量と結果は「指数関数」の関係にある。

 ・ブレークスルーはある日突然起きる。

 ・こんなに頑張っているに、全然結果が出ないのは順調に成功している証である。

私はこれまで語学もダイエットも確かに指数関数の上昇を信じることができなかったです。再チャレンジしてみようとおもいました。

辛くなったら出口は近い。

  「指数関数的な成長」を意識すれば、「こんなに努力しているのに、全然結果がでない。」というのは、実は、「予定通りに成長している。」

大きな成功は、その壁の先にあるということを信じられるかどうかが、成功するかどうかの分かれ道なのでしょうね。

続けるということに対して、目から鱗の学びでした、この学びを生かしていきたいとおもいました。

Posted from SLPRO X for iPhone.

ツイートツイート

あの人に会いたい   小林陽太郎氏

国営放送で土曜日の朝に放映されていたので、録画予約しました。昨日、視聴しました。

会社というものは単に利益を追求すればよいものではなく、社員が自己実現をする場でなければならない。

私がこのような話を最初に伺ったのは約30年以上も前、当時の私は、どこか、「理想としては」という枕をつけて受け取っていました。企業理念ということもどこかリアリティを感じられませんでした。

その後、いろんな学び、経験を重ねて、お話を伺うと、いかに理念というものが大切かと思いました。

また、自分の専門からはみ出すと話ができない企業家によって作られた社会はおそろしい。豊かな教養を持って判断をすることが重要と氏は指摘する。

今年は自分も何か古典を学ぼうと思いました。

目標設定について

ターゲットがリミットになってはならない。目標とは自ら見つけてやるのが本来だという。目標設定の弊害を見抜かれていたのでしょうね。

面白い人間が面白い会社を作る。

ボランティア、NPO活動を社員に奨励されていました。いろんな経験を積んだ人間が会社に戻って会社を面白くする。多様性が組織の活力を生むのでしょう。

多くの時を経ても色褪せない、むしろ、この時代だからこそ、ひかりを放つ。よい話を聞くことができました。

Posted from SLPRO X for iPhone.

ツイートツイート

「ムダにならない勉強法」

読書からの学び

「ムダにならない勉強法」著者 樺沢 紫苑

読書からの学び

1勉強は、インプット3に対し、アウトプット7

2アウトプットとは、体を動かすこと。タイプより、手書きがよい。

学びの実践

1 気に入った言葉、響いた言葉を本の情報とアマゾンの本のリンクをつけてツイートしました。

2読書メモを、iPhoneで私が気に入っているアプリMandalArtを使って作成しました。

入力はキーボード入力ではなく、Siriを使って入力してみました。(声に出すことで。)iPadではapple pencilで書きまくろうと思います。

3 2でMandalArtで作成したものをopmlファイルとして出力。するとマインドマップにして表示できるので、論理構造を視覚的に理解できます。著者が本の中で触れている「概観」に通じるところがあると思います。

ムダにならない勉強法 樺沢 紫苑

Posted from SLPRO X for iPhone.

ツイートツイート

台北中山の林森公園に歴史を感じました。

林森公園

台北で宿泊したホテルの近くにある公園、林森公園、なんか気になったので、googleで調べたら、明石元次郎の墓があったそうです。明石元次郎は、もう一つの日露戦争ともいうべき、ヨーロッパでの諜報戦を指揮し、後に第六代台湾総督になりました。

ここは彼が亡くなって最初に台湾の最初に埋葬されたところでした。実際に行ってみて、ぽつんと二つの鳥居があり、大きい方が明石の墓の前にあったものだそうです。

一度は、明石の墓とともに鳥居は別の地に移されたのですが、有志により、この地に戻されたそうです。

昔、この地が日本に墓地になったのは、乃木希典の母が埋葬されたのは始まりとか。

台湾と、坂の上の雲、歴史は繋がっているのですね。

公園の入り口

大きい鳥居は明石元次郎の墓にあったもの、小さい方は明石の秘書官だった鎌田正威のもの。

Posted from SLPRO X for iPhone.

ツイートツイート