読売新聞購読者にオススメの電子版の新聞:読売プレミアム

読売新聞購読者には、月額購読料プラス157円で読める、読売プレミアム(電子版の新聞)

1夕刊を安く読める。

統合版の地域で朝刊だけを希望する場合の価格は販売店が独自にきめてよいことになっている。
私の地域は3609円です。夕刊こみの値段は3925円で、差額は314円。
読売新聞を購読している条件で加入できる読売デジタルは、朝刊、夕刊の記事が網羅されて157円。
夕刊を半額の値段で読めることになります。(314円→157円)

2一つのIDで同時に4つの端末から利用することができる。

規約に明確に規定しています。4人家族なら同時に出先でスマフォやタブレットで読むことができます。

3我が家の利用シーンにあっている。

私は遠距離通勤で、早目に家を出ます。平日はざっと見出しを見るくらいしかできません。
続きを通勤電車の中でiPadで見るわけです。紙で俯瞰して、後でじっくり気になった記事を見る感じです。
最近は下の娘も通学中にiPhoneで見るようになったようです。
他の家族は朝食時に、連載小説などをじっくり見ているようです。うまく棲み分けができています。

読売は、朝日や日経と違い、電子新聞だけを購読できないのが欠点のように言われていますが、利用シーンによっては、新聞購読料+157円が、とても魅力ある価格設定であるわけです。

iPhoneからみたトップ画面は

読売プレミアム

20130930-073257.jpg

とはいえ、関連記事などが見れる日経デジタル有料版にも魅力は感じています。(現状は無料会員です。)比較のために、2、3ヶ月試しに購読してみようかと思います。

ツイートツイート